当会概要


一般社団法人動物再生医療推進協議会
Consortium for Advancement of Animal Regenerative Medicine (CARM)

 当会は、動物再生医療用医薬品等の動物用再生医療等製品の実用化の促進のための諸課題を解決するための公益的活動基盤として、平成27年3月に設立され、平成30年9月に一般社団法人となりました。
 動物再生医療における臨床応用の適切な推進・普及のためには、動物再生医療に関わる全てのセクターが自由に意見交換し、また協力して、再生医療の実用化と適切な普及を強く推進していくことが必要です。それらを達成するため、動物再生医療の研究推進及び実用化戦略並びに諸課題に対する提言や解決への行動、動物再生医療に関わる国内外の関係者との交流及び提携といった活動をしております。

当会のパンフレットはこちら:パンフレット.pdf

理事長挨拶


理事長 濵岡 隆文         


 動物再生医療は、医療分野での期待と同様に、従前の獣医療では改善が困難な病態に対して新たな治療法を提供できる期待から、間葉系幹細胞治療や活性化リンパ球療法などが取り組まれています。しかし、治療効果等の科学的評価が十分でない症例が多いことや、動物再生医療用に薬事承認を受け供給される細胞加工製品がないこと、科学的かつ倫理的に適正な動物再生医療を確保するためのガイドライン等がないことなど、動物再生医療の適正な発展・普及には多くの課題が存在しているのが現実です。
 動物再生医療推進協議会(CARM)は、平成27年4月に動物用再生医療等製品の開発・普及を促進するための課題解決を通して、動物再生医療の適正な発展・普及に寄与することを目指して、関連企業・団体(産)と関連学術団体(学)が連携し、更には規制当局(官)と課題を共有する公益的プラットホームとして発足してから3年余が経過しました。この間の取り組みは、動物再生医療等製品の開発上の課題、具体的には原材料基準、有効性や安全性に係る品質管理基準、輸送、有効性評価等における課題検討ワーキンググループの設置、国の事業費等を利用した再生医療等製品の開発に係る前競争的技術課題等の解決に向けての協働や、セミナー等を通した情報の共有、更には、規制当局として動物再生医療等製品の関連技術開発と情報収集を積極的に図っている農水省動物医薬品検査所との協力覚書の締結など、動物再生医療分野の公益的プラットホームとしての役割を果たしてまいりました。また、本協議会の社会的認知度を高め、かつ運営の透明性をより高めるため、平成30年9月にこれまでの任意団体から一般社団法人へ改組いたしました。
 私どもは、動物再生医療が新たな価値として社会に受け入れられ実装されるプロセスを自らが切り開く意思の下で参集した会員企業・団体、及び動物再生医療関連学術団体が連携・協働し、かつ規制当局との対話を通じて「動物再生医療を巡る様々な課題の解決を産学官連携のもとで実現する」を合言葉に進んでまいります。動物再生医療に係わる多くの企業、団体のご参加をお待ちしております。

平成30年10月